意外と知らない?バイアグラの効果から入手方法や飲み方など徹底解説!

バイアグラはED(勃起不全)の治療薬としては世界一名前が知られていると思います。まずはその歴史的背景とバイアグラの効果について見ていきましょう。

バイアグラ誕生秘話

バイアグラはもともとED治療薬として開発されたのではなく狭心症の薬を開発するうえでの副産物として生まれました。狭心症とは発作的に胸が苦しくなったり圧迫感を感じたりする心臓の病気です。

製造元のファイザー株式会社は狭心症の治療薬の開発のため治験者たちの協力のもと臨床実験を行っていました。

しかし、なかなか成果が出なかったので実験の中止を決定。治験者たちに薬の返却を求めたのですが返却を断わる人たちが続出。そこで詳しく調べたところ、勃起不全を改善する働きが見つかったのです。

ED治療薬としてはこれが世界初です。その後1998年にアメリカで初めて発売、日本では1年後の1999年に発売が開始されました。

ちなみにバイアグラ(Viagra)の名前は、”vital(力強い)”と”Niagara(ナイアガラの滝)”を組み合わせた造語です。ナイアガラの滝の流れのように力強さを得られるという意味が込められています。

バイアグラの効果

誤解している人が多いのですが、バイアグラは媚薬ではなく性的な興奮を増大させるものではありません。そのため、性的興奮を感じない限りは勃起することはありません。また女性に使用したとしても陰茎がないため効果はありません。

バイアグラは、勃起を抑える酵素の働きを邪魔する働きがあります。陰茎が勃起すると血液が集まり血流が止まります。長時間勃起していると壊死してしまうので、勃起を抑える酵素が必要なのです。

EDの人がバイアグラを服用することで酵素に邪魔されることなく十分に勃起ができるようになります。また適量を飲めば勃起が止まらなくなるということはないのでご心配なく。

バイアグラの入手方法は?

日本国内でバイアグラを手に入れる方法は、2つあります。1つは病院で処方してもらい手に入れる方法、もう1つは個人で輸入する方法です。

しかしながら、個人輸入は正規品ではない偽造品が大量に出回っており、様々な健康被害の恐れがあると厚生労働省も注意を喚起しているので手を出さない方がいいでしょう。今回は処方してもらい手に入れる方法を紹介します。

病院から処方してもらう

保険適用外

バイアグラは保険適用外の薬なので自費診療となります。通常の診療ならば3割負担になるところ、全額負担しなければいけません。しかし、保険適用外ということは保険証に履歴が残らないというメリットもあります。

性病治療の場合は履歴を残さないように自ら申し出て保険を使わない人もいます。EDは性病ではありませんが、できれば人に内緒にしておきたいというのは同じだと思います。

性病治療と違い、自動的に保険適用外となるので窓口で申し出る必要がない分こちらの方が精神的に楽なのではないでしょうか。

値段

国内で処方されるのは25mlと50mlの錠剤の2種類です。製造元のファイザー株式会社は希望価格を25mlが1,100円、50mlが1,300円としています。

どちらも1錠の値段です。病院によっても異なり、また初診か2回目以降の再診かでも異なりますが、50mlのものが1500円から2500円で手に入ります。

バイアグラの飲み方

医師の処方箋に従って服用するようにしてください。性行為の約1時間前に服用します。適量ならばお酒との併用も可能。しかし、脂っこいものを食べると効きづらいとの報告もあるので気を付けるといいでしょう。

また基本的には1錠ですが、糖尿病や肥満体の人は2錠飲まないと効かない人もいます。この場合も自己診断せずに医師に相談しましょう。また持続時間は年齢や健康状態にもよりますが、4時間から6時間は問題がないとされています。

バイアグラの服用の注意点

副作用

バイアグラを服用して効果が表れると、顔のほてり、目の充血の症状が現れます。これは血管拡張作用によるもので、血圧も多少低下します。

また人によっては、頭痛、動悸、鼻づまり、光に過敏になる、といった症状が表れることがありますが、バイアグラの持続時間の4時間から6時間以内に治まるようならば問題ありません。副作用が続く場合は医師に相談しましょう。

服用してはいけない人

バイアグラの服用を医師に止められた人は、バイアグラが手に入ったとしても服用はしないようにしてください。主に健康上の理由が問題とされますが、未成年の場合は基本的に処方されません。しかしながら、既婚者の場合は認められる場合があるようです。

服用されない人は、肝臓障害、低血圧または高血圧、脳梗塞や心筋梗塞、網膜色質変性症の患者です。またバイアグラの成分にアレルギー反応がある人も処方されません。

まとめ

バイアグラは名前だけが有名になって正しく理解されているとは言えない状況です。精力剤や媚薬と混同されたり、飲むと絶倫になると誤解した人が興味本位で飲もうとするようなことが起こったりしています。

そのためにEDで悩んでいる本当にバイアグラを必要としている人が服用を躊躇してしまうのは問題です。男性ならばいつ必要になってもおかしくない薬なので正しい認識を持ちましょう。また、現在EDで悩んでいる人はまずは医療機関に相談してみることをおすすめします。