マスターベーションでは問題ないのに、セックスになると早漏になってしまう男性がいます。セックスの際に早漏だとパートナーを満足させてあげられないのはもちろん、自分も不完全燃焼で終わってしまいます。セックス時の早漏の理由と解決法をまとめました。

セックスの時だけ早漏になる理由

興奮しすぎ

セックスの経験の少ない男性や初めてセックスをする男性に多いのが興奮しすぎて早漏になってしまうパターン。久しぶりのセックスや意中の相手とのセックスの時も同様に早漏になりがちです。陰茎に触らなくても射精してしまうこともあります。

精神的な問題

過去のトラウマやストレスなどの精神的な問題から早漏になってしまうのはED(勃起不全)にも共通する特徴。性行為になれていない若い人に多く、人に相談したり自分で調べたりしていくうちにどんどん深刻に考えてしまい、悪化することもあるので注意が必要です。

マスターベーションとの違いによるもの

マスターベーションは射精しそうになったら刺激を弱めたり休止したりすることで、射精を調整できますが、セックスは相手がいるためそうはいきません。ある程度は調整できますが、慣れていないと難しいと思います。これも性経験の少ない男性に多い理由です。

病気によるもの

ペニスや前立腺や膀胱などの病気の他、自律神経失調症を患っても早漏になることがあります。自律神経失調症は自律神経が乱れて倦怠感や頭痛などの不調を引き起こす病気ですが、射精も自律神経が関係しているので早漏になりやすくなります。

セックス時の早漏の対処法

セックスに慣れる

軽度の早漏のほとんどはセックスに不慣れなことが原因。そのため性経験が増えるに従って早漏も治っていく場合が多いです。セックスに慣れれば必要以上に興奮しすぎることもなくなり、また過去の性経験によるトラウマが原因のものでも経験を積み重ねていくうちに解決することがあります。

体位を工夫する

セックスの体位には射精しやすいものがあるので早漏の人はなるべくこれらを避けることが重要です。

正常位

正常位はもっともメジャーな体位であり、もっとも射精しやすい体位。仰向けになった女性に挿入する体位ですが、前傾姿勢になるとペニスが刺激に敏感になるため射精しやすくなります。また女性の表情や乳房が目に入るため視覚的にも興奮しやすく、早漏の人は避けるべきです。

騎乗位

騎乗位は仰向けになった男性に女性がまたがる形で挿入する体位。女性主導で動く体位のため、ペニスへの刺激をコントロールしにくいのが特徴です。そのため女性に激しく動かれると刺激に敏感な人だとすぐ射精してしまいます。また正常位同様、視覚からの刺激も大きいので注意。

逆に射精しにくい早漏の人におすすめの体位もあります。

側位

側位は男女が横向きになり男性が後ろから女性を抱えるように挿入する体位。物理的に早く動くのが難しいので、ペニスへ与える刺激を自然に調節できます。視覚的な刺激も少ないため早漏の人にはおすすめ。

対面座位

対面座位は座った状態の男性に女性が覆いかぶさるようにして挿入する体位。男女ともに動きにくいのでペニスに与える刺激も少ないのが特徴です。また身体が垂直状態になると自律神経のうちの射精を抑える副交感神経が優位になるため射精しにくくなります。そのためもっとも射精しにくい体位されています。

スローセックス

ゆっくりと時間をかけて行うスローセックスも早漏には効果的です。動きもゆっくりと行うため物理的な刺激が少ないのが特徴。通常のセックスよりも前戯にも時間をかけるため、挿入後すぐに射精してしまったとしても女性に満足感を与えるのでおすすめ。

 

早漏改善トレーニングを行う

早漏改善に効果のあるトレーニング方法を紹介します。

亀頭を刺激に慣れさせる

亀頭が刺激に敏感すぎる場合、刺激に慣れさせるトレーニングを行うと良いでしょう。特に包茎の人は亀頭が包皮に覆われているため、刺激に弱い傾向があります。しっかりと亀頭を露出させて行いましょう。具体的にはつまんで引っ張ったり揉んだりして刺激を与えてください。あまり弱すぎても意味がありませんが、力を入れすぎてダメージを与えないように注意しましょう。またローションやジェルを使ってもOKです。

スタートアンドストップ法

マスターベーションでペニスを刺激して射精しそうになったら手を止めて我慢、射精感がおさまったらマスターベーションを再開するというのを繰り返す方法。自律神経を鍛え根本的な早漏の解決に効果的です。基本的には一人でマスターベーションの中で行いますが、セックスでパートナーに協力してもらって行うこともできます。一人で行うのと同様に射精感がきたら動きを止めおさまったら再開を繰り返します。

PC筋を鍛える

PC筋とは恥骨尾骨筋(ちこつびこつきん)のこと。英語だとPubococcygeus muscleになるのでPとCをとってPC筋と呼ばれています。で、主に排泄をコントロールする際に使われる陰茎上部の恥骨とお尻にある尾骨を結ぶ筋肉。またPC筋には陰茎の海綿体に集まった血液を戻りにくくする働きもあるので、PC筋を鍛えると早漏改善になります。PC筋だけを鍛えるのは難しいので、肛門を締めたり緩めたりして肛門周りの筋肉と一緒に鍛えると良いでしょう。

まとめ

セックスの時に早漏だと自分もパートナーも十分に満足できないばかりか、関係にも亀裂が生じることもあります。今回紹介した改善法で早漏対策をして素敵なセックスライフを送ってください。