シラミというと現代とは無縁の昭和のイメージがあるかもしれません。

シラミを駆除するために頭からDDTとりあえず呼ばれる駆除薬を散布されて真っ白になっている昭和時代の写真や映像を見たことがある方は多いと思います。また実際に経験したという年齢が上の方もいるはずです。

衛生環境が整った平成の現代日本でもシラミの被害はあるのでしょうか。

またどのような症状があるものなのでしょうか。今回は毛ジラミ症について詳しくご紹介していきます。

毛ジラミ症の体験談

毛ジラミ症について見ていく前に体験者の声を見ていきましょう。

あれは確か3年前の夏だったと記憶しています。その時僕は病院でリハビリの仕事をしていました
陰部に違和感を感じ始めたのは6月頃だったと思います。でもその時は、何となく痒いな?程度
だったので放置しました。

その後も違和感は無くならず、症状は少しづつひどくなっていきました。次第に強くなる痒みに
不安を覚えていました。そして7月に入ったある日、仕事で患者さんにリハビリを施している最中
陰部に殺人的な痒みを感じ、トイレに駆け込み無心で掻きむしりました

さすがにこれはおかしい!と思い僕は便座に腰掛け、自分の陰部を入念にチェックしました。
すると、フケの様なものが取れたので顔を近づけてよく見てみました。よーく見ると、そのフケ
から足が生えていてウニウニ動いているのです。何だこれは!!僕は完全に言葉を失いました。

https://woogee.info/2400.html

男性の体験談。実際に目に見える大きさなんですね。

そんなのが陰部にいたらかなりの衝撃を受けること間違いなしです。「殺人的な痒み」とあるように痒みの症状もすさまじいようです。

この方も血が出るほどかきむしってしまったとのこと。夜のお店に行ったことが原因ではないかと自分で分析しています。

私がケジラミ症を疑ったきっかけは、トイレに行った時です。トイレに行って自分のパンツを下げて便座に座った時に、ふと自分のパンツを見た時にパンツの上の方に赤い小さい点があるのを発見しました。

今までこんなパンツの上の方に赤い小さい点を見つけたことが無かったので、私は「何かな~?」と思い自分のパンツの上の方に顔を近づけてよく見てみました。

するとパンツの上の方にある赤い小さい点が動いていて、「これは虫だ!!」と気が付きました

とても小さい虫で、よく見てみると足が動いているのが分かり「気持ち悪ーい!!」と思ってしまいました。私は今までこんな経験をしたことが無いので、自分のパンツにこんな小さくて気持ち悪い虫が居ると思っただけで居ても立ってもいられなくなりました。

http://seibyou-kaiketsu.com/?p=275

女性の体験談。この方はかゆみはあまりなかったようです。

不特定多数との性交渉が原因ではないかと推測しています。男女問わず陰部に小さい虫がいるという不快感はかなりのもののようです。

毛ジラミ症の原因や症状など

シラミにはいくつか種類があります。

コロモジラミ(衣ジラミ)、ケジラミ(毛ジラミ)、アタマジラミ(頭ジラミ)と好む場所によって分かりやすく名前が付いています。

毛ジラミは成虫で0.8~1.2ミリの大きさがあるので目視することが可能。他の毛ジラミと同様、1990年代中頃から急増傾向にあります。

原因、感染場所

毛ジラミ症はその名の通り、毛ジラミが原因となって引き起こされる症状。毛ジラミは体毛を好み、特に陰毛に生息するのを好みます。そのため、性行為で感染します。

陰毛以外の腋毛やすね毛などにも感染することも。オーラルセックスを通してひげや胸毛に感染ということもあり得ます。

患部から患部へ直接という以外にも、タオルや下着から感染する可能性も高いのが特徴。

症状

感染部に激しい痒みが生じますが、痒みを感じないという方もいるので注意。毛ジラミ自体や糞を下着に発見して感染を知るということもあります。

激しい痒みにより激しくかきむしってただれたり出血したりという被害も。

毛ジラミ症の検査

検査は毛ジラミがいるかどうか確認するという簡単かつ確実なもの。

症状がなくても毛ジラミを発見できれば治療することができます

毛ジラミ症の対処法

毛ジラミは簡単に感染するため、ただちに治療しましょう。

激しい痒みの症状がある場合は我慢できないと思うので、必然的に治療することになるでしょう。

治療は専用のシャンプーやパウダーで患部を洗い流し、殺菌することで行います。場合によっては剃毛することも。

毛ジラミ症に感染している場合、他の性病に感染している可能性もあるので同時に検査を受けることをおすすめします。

毛ジラミ症の予防法はない!コンドームで防げない?

他の性病と異なりコンドームで予防できるものではありません

不特定多数との性行為や衛生面で不安を感じる人との性行為は控えるようにしましょう。

まとめ

毛ジラミ症についてご紹介していきました。目に見える大きさの虫が陰部にいるというのは考えるだけで恐ろしいですね。

またすさまじいかゆみというのも想像するだけで辛いです。万が一感染したら他の人にうつす前にすみやかに治療を行いましょう。