ペニスのかゆみの原因は?アソコが痒いのは性病のせいだけじゃない!

陰部かかゆいというとすぐに性病を疑われますが、性病以外が原因で引き起こされるペニスのかゆみはたくさんあります。メジャーなものを紹介していきます。

非感染症

蒸れ

特に夏場に見られます。湿度や汗の影響で下着の中で雑菌が繁殖して臭いやかゆみの原因となります。対処法としては清潔に保つのはもちろん、蒸れないような工夫をすることが大事です。

汗っかきの人は下着を頻繁に交換するほか、ボクサーブリーフやブリーフのような締まるタイプの下着からトランクスのような緩めの下着に替えることもおすすめです。また抵抗のない人は陰毛を処理することでも蒸れを防げます。

下着による擦れ

肌が敏感な人は下着の擦れでかゆみが生じることがあります。擦れないように密着した下着にすると今度は前述したような蒸れが起こるので考えものです。そこでシルクの下着がおすすめです。

シルクはナイロンやポリエステルのような人工繊維素材と違い肌触りが良く擦れが起こりにくいので困っている人は一度試してみてください。

乾燥

乾燥肌の人に起こりやすいかゆみの原因です。乾燥プラス上記の蒸れや擦れで皮膚が刺激を受けて炎症を起こしてかゆみが起こります。対処法としては乾燥を防ぐために保湿クリームやローションを塗るといいでしょう。それとプラスして群れや擦れの対処法も行うとかなり改善するはずです。

陰嚢湿疹

陰嚢湿疹(いんのうしっしん)はインキンタムシのような感染症や性病と誤解されることもありますが、アレルギー性によるものとされています。名前の通り陰嚢部と陰茎の根元部分に強烈なかゆみが生じます。

ジュクジュクしてきてかさぶたができます。そしてそれが剥がれてジュクジュクしてくる、これの繰り返しです。

原因は腸内環境の悪化、ストレスなど体の内側の問題とされます。そのため塗り薬で一時的にかゆみを抑えたとしてもなかなか治りづらいのが特徴です。体内環境を改善をすることが根本的に完治させるためには必要です。

性病以外の感染症

インキンタムシ

水虫の原因菌であるカビの一種の白癬菌(はくせんきん)が陰部に感染することで生じます。水虫に触った手でペニスに触れたり、プールやサウナなどで間接的に触れたりすることで感染します。

陰嚢湿疹と症状が似ていますが、インキンタムシは皮膚の表面が白い粉が吹いたような状態になります。

またインキンタムシは陰部よりもお尻や太ももなどの陰部周辺に症状が出ることが多いです。治療法は原因菌である白癬菌を完全に死滅させることです。そのために専用の塗り薬またはスプレーを使用してください。

性病

感染症が原因のもの、特に性病の可能性がある症状が出た場合は、自分で治そうとせずに、なるべく医療機関での診察をおすすめします。

場所が場所だけになかなか病院に足を運ぶのは勇気がいると思いますが、パートナーへの感染の危険性や、性行為ができなくなることを考えると早めに治療するに越したことはありません

亀頭包皮炎

性器にできた傷口からばい菌が入り炎症ができることで発症します。赤くなってかゆくなり、白いカスやかさぶたが出ることもあります。状最近性のものとカビの一種であるカンジタ菌によるものに分けられます。

細菌性のものは性病ではありません。またカンジタ菌は女性器にしかいないと思われがちですが、男性にもいる菌です。しかしながら、性交渉により女性器からもらうことで感染するので性病として扱われることが多いです。

性器ヘルペス

単純ヘルペスウイルスによって引き起こされるウイルス感染症です。ペニスが熱くなったりヒリヒリしたりする症状があります。

かゆみよりも痛みが強い場合もあります。単純ヘルペスウイルスは性器の他に唇にも感染します。そのため通常のセックスの他に性器に口をつけるオーラルセックスによっても感染します。また感染力が強くウイルスが付いたタオルやトイレの便座などからも感染します。

陰部伝染性軟属種(いんぶでんせんせいなんぞくしゅ)

水いぼとも言われるポックスウイルスによって感染する性病です。感染力が強く性行為の他、ウイルスが付着したタオル等からも感染します。

症状は白や赤のイボができます。かゆみはそれほど強くなく痛みもありません。半年ほどで自然治癒しますが気になる人は医療機関で切除したり溶かしたりすることで早期治療が可能です。

疥癬(かいせん)

ヒゼンダニというかなり小さいダニが寄生することで引き起こされる病気です。感染すると赤くなりただれ、激しいかゆみが伴います。

特に夜間にかゆみが強くなる特徴があります。感染力はそれほど強くありませんが、免疫力の落ちた病人や高齢者はかかりやすくなります

ケジラミ

毛じらみという通り陰毛に感染する虫です。1mmくらいの毛の生えた昆虫でかろうじて目視することが可能です。頭に生息するアタマジラミとは別種で、陰毛以外にも毛のあるところに生息します。

近年はケジラミによる被害が増加傾向と言われています。虫自体を目視できる他、糞や吸血による出血による染みが下着に付着するため気づくことができます。毛から毛に感染するためコンドームはケジラミには意味がありません。

また治療は医療機関に行くのが一番ですが、市販の治療薬入りシャンプーを使ったり陰毛を剃ることで対処可能です。

まとめ

性病以外にもペニスがかゆくなる原因はたくさんあるんですね。しかしながら症状は似たり寄ったりで判別が難しいので少しでも疑いがある場合は医療機関に行くことをおすすめします。