ペニスの炎症は亀頭包皮炎かも!亀頭包皮炎の原因と治療法を徹底解説!

ある日突然ペニスに痛みが走り、確認すると赤く腫れているのに気づく。「どうしよう性病なのか?」誰でも初めての経験であれば不安になりますし余計な恐怖も抱きます。そうならない為にもペニスの炎症について一緒に学んでいきましょう。

ペニス炎症の正式な病名とは

ペニスの炎症の正式な病名は「亀頭包皮炎(きとうほうひえん)」と呼びます。読んで字のごとく亀頭と亀頭を包んでいた皮の部分が炎症を起こす病気です。

元々は亀頭の炎症を亀頭炎(きとうえん)、包皮の炎症を包皮炎(ほうひえん)と分けて呼んでいましたが、ペニスの炎症は亀頭と包皮の両方に症状が現れることが多く、どちらも総称して亀頭包皮炎と呼ぶようになりました。

亀頭包皮炎になる原因

亀頭包皮炎になる原因の1つとしてペニスの具合がありますが、ペニスの具合とは包茎か露茎かになります。包茎の場合だと亀頭と包皮が常時密着している状態が続くので、汚れや垢、飛び散った尿滴が間に溜まり、そこに菌が増殖して炎症を起こします。

なので亀頭包皮炎は露茎よりも包茎の方が、かかりやすい病気と言われています。そして包茎ということで大人ばかりじゃなく小さいお子さんもかかる病気なのです。

ペニスを清潔にしておけば、さほど怖い病気ではなさそうと思いますが、それ以外にも原因となる要因が複数存在します。

性行為

1つはマスターベーションのやり過ぎです。度が過ぎる回数や力を入れて激しく行ったり爪で引っ掻いたりしペニスを傷つけそこから菌が入り込み炎症を起こすケースです。

2つ目はSEXパートナーが、カンジダ膣炎にかかっていて男性が菌をうつされるケースです。実は亀頭包皮炎になる原因としてはこれが一番多いです。

カンジダ膣炎とはカンジダという膣内にいる常在菌が、ストレスや病気などで体調が悪くなり、体の抵抗力低下と共に異常繁殖して炎症を起こす病気です。

症状として痒みやヒリヒリとした痛みがあるそうなので、パートナーとコミュニケーションをよく取り、事前に体調を把握していれば性行為することも無くカンジダ菌をうつされる心配もありません。

ペニスの洗いすぎ

清潔を保つことは亀頭包皮炎にならない為にも大切なことですが、洗いすぎは逆にペニスに良くないです。傷が付いたりすればそこから雑菌が入り炎症を起こすからです。

ちなみにですがカンジダ菌は普通の菌とは違い、真菌なのでカビの一種となります。なので一般の石鹸やボディソープでは落ちません。

パンツとの摩擦

亀頭がパンツとの摩擦で傷が付きそこに雑菌が入り炎症するケースです。なかなか普通に生活していればなり得ないことですが、長時間、ジョギングやマラソンなどスポーツされる方に多く見られるケースです。

亀頭包皮炎の治療

亀頭包皮炎の治療は、原因菌に合わせて塗り薬と飲み薬で対処します。

雑菌

炎症がひどい場合は、抗生物質入りの飲み薬や塗り薬で対処します。更にかゆみがあれば、抗生物質とステロイド入りの塗り薬で治療しますが、症状を見ながら配合は調節されます。

カンジダ菌

カンジダ菌の場合、基本的には抗真菌剤の塗り薬で対処します。更にかゆみがあれば、ステロイド入りの塗り薬で対処しますが、抗真菌剤とステロイドを混合した塗り薬となります。配合は症状に合わせて調節されます。

雑菌、カンジダ菌両方が混ざっている

雑菌、カンジダ菌が両方の影響で炎症を起こしているので、抗生物質と抗真菌剤、ステロイドを含んだ塗り薬、飲み薬で対処します。飲み薬、塗り薬どちらが中心となるのかは症状に合わせて決められます。

亀頭包皮炎の予防

SEXパートナーを限定する

性行為のパートナーは特定の一人とする事です。それはカンジダ菌による亀頭包皮炎は100%と言っていいほど女性から菌をうつされるケースに限定されるからです。

不特定多数と性行為すればそれだけカンジダ膣炎にかかっている女性に当たる確率も上がります。カンジダ菌をうつされて亀頭包皮炎になるだけで済めばいいですが、他の性病になる可能性も高まりますのでパートナーは一人に限定しておきましょう。

ペニスは常に清潔にする

洗いすぎは良くありませんが、常に清潔に保つことも予防策の1つです。清潔に保つということはペニスを気に掛けるということなので、傷が無いか?カスは付いていないか?亀頭に赤いブツブツは出来てないか?など1日1回で良いのでよく観察しておきましょう。

包茎手術

これは清潔を保つことに通ずると思いますが、包茎よりも露茎の方が清潔を保ちやすいので亀頭包皮炎になる確率も減ります。ただ包茎手術を受けるとなるととても勇気がいる行為だと思いますし、手術代も馬鹿になりませんよね。

まとめ

ペニスの炎症を病名、原因、治療、予防について詳しくお伝えしてきましたが、皆さんはどんな感想をお持ちになったでしょうか?私は亀頭包皮炎は同じ性病の「いんきんたむし」と似てるなと思いました。

こちらもカンジダ菌と同じ菌の仲間である白癬菌(はくせんきん)が原因となります。水虫の原因菌として有名ですよね。

しかも女性が「いんきんたむし」の場合、性行為すれば男性にうつるのも亀頭包皮炎と同じです。どちらも清潔にしていれば発症することが少ないのも同じです。

どちらの性病も発症しても大袈裟な治療を受けずに塗り薬や飲み薬で済みますが、完治するまで時間もかかりますし、何よりも病院に行って診察を受けることが恥ずかしいですよね。そうならない為にも日頃から身も心も清廉潔白を肝に銘じて生きていきたいものです。