性病「ヘルペス」の種類や症状、原因など徹底解説!

ひとくちにヘルペスと言ってもヘルペスにはいくつか種類があります。まずはどのような種類のものがあるのか確認しましょう。

ヘルペスの種類

(1)単純ヘルペスウイルス1型…口唇・性器ヘルペス、脳炎など

(2)単純ヘルペスウイルス2型…性器ヘルペス、新生児ヘルペスなど

(3)水痘・帯状疱疹ウイルス…水痘、帯状疱疹、髄膜炎、脳炎など

(4)EBウイルス…日和見リンパ腫、伝染性単核症、上咽頭癌など

(5)サイトメガロウイルス…脳炎、網膜炎、肝炎など

(6)ヒトヘルペスウイルス6…突発性発疹、壊死性リンパ節炎など

(7)ヒトヘルペスウイルス7…突発性発疹など

(8)ヒトヘルペスウイルス8…カボシ肉腫など

ヘルペスウイルスの種類とそれぞれの病気とは
人に感染するヘルペスウイルスは、感染するウイルスによって症状が異なります。日本人の50〜70%が感染しているといわれる単純ヘルペスウイルス1型をはじめ、ヘルペスウイルスの種類と症状について、ドクター監修のもと解説します。

上記の中で多いのは(1)と(2)の単純ヘルペスに分類されるものであり、性行為によって感染するヘルペスでもあります。この中で口唇ヘルペスと性器ウイルスについて詳しく見ていきましょう。

口唇ヘルペスの症状や原因

主に唇や顔などに症状がでます。症状は水ぶくれができるというもの。進行の段階により症状が異なります。

口唇ヘルペスの段階別症状

第1段階

患部がムズムズしたりチクチクしたりするような違和感を感じます。またかゆみやほてりなども。

第2段階

患部が赤く腫れてきます。第1段階から半日ほどでこの段階になります。ここで治療をするかどうかが回復までの期間に関わってきます。

第3段階

赤く腫れたうえに水ぶくれができます。1~3日ほどでこの段階に。水ぶくれの中にはヘルペスウイルスが多く存在し、破れて他の部分に付着すると感染が広がるので注意が必要です。

第4段階

かさぶたができて回復します。発症から10日~2週間ほど。

口唇ヘルペスの体験談

口唇ヘルペスは一度治っても、何度も再発します。
私は大人になった今でも、寝不足が続いたり、風邪などで熱が出たあとに必ず発症します。
なってしまうものは仕方ない、とにかく早く小さく治したい、と思うようになりました。

口唇ヘルペスを繰り返す、私の体験談 - 何度も再発するしつこい口唇ヘルペスし方や薬は?最短で治す方法!
性別:女性 年齢:33歳 職業:会社員 口唇ヘルペス家系です 物心ついたころには年1〜2回は口唇ヘルペ..

この方は小学生の頃に初めて発症したようです。つまり性行為が原因で感染したわけではないということ。口唇ヘルペスはどのような原因で引き起こされるのでしょうか。

口唇ヘルペスの原因

口唇ヘルペスはヘルペスウイルスが感染することで引き起こされます。子どもの時に感染するのは家族にヘルペス感染者がいる場合です。口移しやキスなどで感染してしまいます。成人してからの感染はキスやオーラルセックスが原因です。大人になってから感染の方が子どもの時に感染するよりも症状が重いと言われています。

注意点

ヘルペスは治ったように見えても1度感染してしまうと何度も再発します。身体の免疫機能が弱っていると再発しやすくなります。

性器ヘルペスの症状や原因

症状

男性は亀頭、陰茎、尿道口に、女性は女性器周辺や肛門に症状が現れます。最初はひりひりとした感覚があり、その後1~2ミリの赤いブツブツや水ぶくれができます。初めての感染の場合症状が重くなることも。その場合、強い痛みがあり発熱を伴い、また太ももやおしり、肛門周囲、直腸粘膜にまで症状が拡がることもあります。1年以内に8割以上が再発すると言われ、その場合は初めての時よりも症状は軽いようです。

性器ヘルペスの体験談

前日の夜から、排尿時に激痛が出現し、翌朝には悶絶するほどの痛みでした。
陰茎先端のただれも酷くなり、赤く腫れていました。
排泄後の激痛は3時間ほど続きました。
熱を測ると37.3℃と微熱でした。

性器ヘルペスによる陰部の激痛・発熱で泌尿器科を受診 : 病気体験レポート

初めての感染、発症の場合は男女ともに激痛を伴うことがあります。比較的症状が緩やかな性病の中ではもっとも痛みを伴う性病とも呼ばれています。

性器ヘルペスの原因

性器ヘルペスはセックスやオーラルセックスなどが原因で引き起こされます。しかし、口唇ヘルペスと同様にセックス以外でも感染することがあります。

ヘルペスウイルスは感染力が非常に強く、便座やタオルからも感染することも。そのため配偶者以外の家族に感染者がいた場合でも感染することがあります。

注意点

口唇ヘルペスと同様に、性器ヘルペスは一度感染したら完治することはありません。ウイルスが神経の中に潜伏しており、現代の医学では完全に殺すことは不可能。

そのため感染してしまったら免疫力が落ちて症状が出ないように気を付けなければいけません。また無症状期間でも感染はするので注意。

ヘルペスの治療法

自然治癒しますが、症状が重い場合や早く治したい場合は病院での治療が必要です。特に初めての感染の場合は治療を受けましょう。薬の服用や塗り薬で治療を行います。症状が重い場合は点滴も使用されます。

まとめ

日本人の約8割が感染しているともいわれるヘルペス。感染しないようにするのはもちろんですが、感染してしまったら、免疫力を高めて再発しないようにすることが重要です。