包皮小帯の切除と伸ばす方法を徹底解説!

包皮小帯とは

包皮小帯と言ってピンと来る人はあまりいないと思いますが、一般的に呼ばれる裏筋(ウラスジ)と言うと分かるかと思います。亀頭の裏側にあり、亀頭と亀頭を覆う皮である包皮をつないでいる筋のことです。

包皮小帯が性感帯って本当?

よく言われるのが包皮小帯は男性の性感帯であるというものです。よく女性誌のセックス特集に「男は裏筋が弱いから重点的に責めるべし」という内容のことが載っています。実際、男性自身もここが気持ちいいと感じている人は多いのではないでしょうか。

しかしながら、これは正しくもあり、間違いでもあります。正確には包皮小帯自体に性感帯はなく、その奥にある白膜(ハクマク)に性感帯があります。包皮小帯を刺激するとそれが白膜に伝わるため気持ちよくなるのです。試しに包皮小帯をつまんで刺激してみてください。それ自体を刺激しても気持ちよくないと思います。

包茎手術をしたら包皮小帯は切られるの?

包茎手術の間違ったイメージ

包茎手術は余った包皮を切除して包茎を治す手術です。「包茎手術をすると裏筋(包皮小帯)を切られて性感帯がなくなるから、オナニーもセックスも気持ちよくなくなる」という風に考えている人がいますがそれは間違いです。

前述したように包皮小帯自体に性感帯はありませんし、そもそも現在は包茎手術で包皮小帯を切除することはめったにありません

包皮小帯を切除する場合

まだ包茎手術の技術が発達していなかった昔や、現在でも専門医ではない医者が施術した場合、誤って切除してしまう場合はあるようです。

しかしながら、包茎手術専門のクリニックや病院で施術してした場合、切除されることはほとんどないと言っていいでしょう。それではどういった場合に包皮小帯は切除されるのでしょうか。

マスターベーションやセックスの際に包皮小帯が引っ張られて痛みがあって行為ができない場合、切除する必要があります。この手術は日常生活に難ありと見なされて保険が適用されます。それほど多くはないようですが、もしこのような症状がある場合はお近くの医療機関に相談してみてください。

また、早漏改善のため手術をする場合もあります。包皮小帯自体に性感帯はないと前述しましたが、包皮小帯があると刺激が伝わりやすくなるのも事実なので少しでも早漏を改善したいとう人の中には切除を希望する人もいるようです。

 

包皮小帯を伸ばすトレーニング (メリット、方法)

包皮小帯は亀頭と陰茎を結ぶ筋であり、成長するにしたがって伸びていきますが、前述したように短すぎると日常生活に支障をきたします。

通常のマスターベーションやセックスで痛みがなければ特に問題はない包皮小帯ですが、トレーニングによっては伸ばすことができます。そのメリット、そして方法を紹介します。

包皮小帯を伸ばすメリット

包茎改善が見込める

包茎は包皮が亀頭に被っているものですが、包皮小帯を伸ばすことである程度は包茎改善、または予防になります。しかしながら、あくまで包茎気味の人が改善するためにやるもので、日常生活に支障が出るレベルの包茎の場合は医療機関で治療を受けた方がいいでしょう。

切れにくくなる

陰茎は相対的に皮膚が薄く、傷つきやすい部分です。特に包皮小帯の周辺は皮膚が薄く、マスターベーションやセックスで切れてしまうことがあります。

伸ばすことで柔軟になり切れにくくなります。陰茎はデリケートな部分ですので、傷からばい菌が入り感染症になることもあることから包皮小帯を伸ばすのはメリットがあると言えます。

見た目

男性は見慣れていますが、女性によっては包皮小帯がグロテスクに見えるようです。確かに陰茎の裏側は男性本人か、性行為をした相手女性くらいしか見ることがないのでそうかもしれません。

包皮小帯が伸びたり、切除されていたりすると表側とそれ程変わらない見た目になるため抵抗はなくなるかもしれません。しかしながらこれは包皮小帯を伸ばすメリットの副産物的なものと考えてください。

包皮小帯を伸ばす方法

包皮小帯は別名、童貞腺とも呼ばれており、性行為の経験が豊富な人は伸びて目立たなくなっている人もいます。AV男優の人などにはそういう人もいますので見る機会があれば注意して見てみてください。

つまり包皮小帯を伸ばすにはセックスをたくさんすれば良いのですが、マスターベーションの仕方を工夫することでも包皮小帯を伸ばすことができます。

しっかり亀頭を露出させて包皮小帯を伸ばすように行う習慣をつけるといいでしょう。前述したように包皮小帯は傷つきやすいのでオイルやローションを使うのもおすすめです。

逆に包茎の人がやりがちな通称、皮オナと呼ばれる亀頭を露出させないで包皮を上下させて刺激するマスターベーションのやり方では包皮小帯は全く伸びません。

まとめ

包皮小帯(裏筋)について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。痛みや日常生活に支障がない限りは特に意識する必要はない部分ではありますが、もし興味があったら包皮小帯を伸ばすトレーニングをしてみてください。