ペニスの若返り!勃起力を高めるトレーニングはある?やり方を解説!

勃起する仕組み

そもそもなぜ勃起するのかその目的と仕組みについて簡単に説明します。

勃起する目的

生物の雄の陰茎が勃起して硬くなるのは、雌の膣に挿入しやすくするためです。これは人間も変わりません。ただしほとんどの生物が生殖のためにのみ交尾をするのに対し、人間は快楽のためにもセックスを行います。

また陰茎が硬いままだと損傷しやすくなるため、通常は柔らかい状態になっています。

勃起のメカニズム

勃起は陰茎にある陰茎海綿体に血液が流れ込むことで起こります。陰茎海綿体はスポンジ状なので血液で満たされることで膨張します。

また勃起には中枢性勃起反射性勃起の2種類があります。中枢性勃起は心理的要因による勃起で性的な刺激を五感から受けると大脳が興奮を感じてそれが中枢神経に伝わって勃起します。

もう一つの反射性勃起は物理的要因による勃起です。陰茎に触れたり、振動が伝わることで反射的に陰茎海綿体に血液が流入して勃起します。

勃起力が低下する理由

加齢

生物として勃起する目的は生殖のためなので、年を取るに従い勃起力が低下するのは自然の摂理です。個人差はありますが、30代後半から40代で勃起力の低下を感じる人が多いようです。しかしながら、80代でも勃起する人もいます。男性は閉経のある女性と違い、理論上は何歳になっても生殖することが可能です。

生活習慣

勃起力は生活習慣に大きな影響を受けます。特に30代以上だとその影響は大きくなります。勃起は血液が陰茎に流れ込むことで起こると前述しましたが、血液の流れを悪くするような習慣は勃起力を低下させることにつながります。

脂質や塩分の多い食事は血液をドロドロにしてしまうので注意が必要です。また喫煙も勃起力を低下させます。喫煙は血圧を上昇させる他、たばこに含まれるニコチンが血管を収縮させます。

精神的な問題

ストレスを感じると興奮しにくくなります。強度のストレスを感じるとそもそも興奮しないため勃起しません。うつ病や精神疾患の患者も同様です。勃起は興奮が大脳から中枢神経に伝わり引き起こされると前述しましたが、勃起中枢に刺激がいかないと海綿体に血液を送り込む指令がいかないのです。不安なことがあったり緊張していたりするために一時的に勃起しにくくなった経験は誰でもあるはずです。

勃起力を高めるトレーニング方法は?

スクワット

スクワットに限らず筋トレは男性ホルモンであり、勃起にも影響するテストステロンの分泌を促すので勃起力改善にはおすすめです。

特にスクワットはペニスとつながっている下半身の筋肉を効果的に鍛えることのできるトレーニングです。基本的なスクワットのやり方を紹介します。スクワットは正しいフォームで行わないと腰や膝などの関節を痛めることになるので注意が必要です。

  • 足は肩幅より少し広めに程度に開く
  • 足の爪先は真っ直ぐよりも少し外側を向ける(内股にならないように)
  • 膝を曲げる時に、同時に股関節も曲げて体を落とす
  • お尻を突き出し、膝が爪先より前に出ないように注意する
  • 背中を丸めないようにする(お腹で背中を押し、背中でお腹を押すイメージを持ちましょう)
  • 太ももと床が平行になるまでしゃがみます
  • 立ち上がる時は完全に膝を伸ばさない
  • 息を吐きながら8カウントで降り、次に息を吸いながら8カウントで上がるようにゆっくりとした動作を心掛けましょう
スクワットダイエットは正しいやり方で効果的に痩せるのか?
スクワットダイエット正しいやり方と成功する回数や効果! 効率的に筋肉を増やすと言われている3大トレーニングをご…

PC筋を鍛える

あまり聞きなれないかもしれませんが、PC筋とはPubococcygeus muscleの略称で日本語だと恥骨尾骨筋となります。文字通り恥骨と尾骨の間にある筋肉で主に排泄をコントロールする働きがあります。またこのPC筋には海綿体に血液を送り込むポンプの役割もあるためこの筋肉を鍛えることで勃起力をアップさせることができます。

PC筋を効果的に鍛える方法は肛門引き締め運動です。肛門引き締め運動は、お尻に力を入れて肛門を閉じたり広げたりを繰り返す運動です。この運動でPC筋がばっちり鍛えられます。トレーニングを行っていることが他の人からは分かりにくいのでいつでもどこでも可能なトレーニングです。

“締める”“緩める”を10回1セットにして、朝、昼、夕、就寝前の4回行なう。つまり一日40回。最初は3ヵ月間を目標に続けてください。

http://wpb.shueisha.co.jp/2012/11/08/15214/

トレーニング以外の勃起力の改善方法は?

ED治療薬

ED(勃起不全)で有名なものはバイアグラやレビトラ、シアリスなどがあります。よく誤解している人がいますが、これらの薬は飲むと興奮する薬ではなく、勃起を補助する薬です。そのため興奮をしなかったら効果はありません。興味がある人は医療機関の診察を受けてみてください。

サプリメント

薬に頼るのは抵抗があるという人にはサプリメントがおすすめです。勃起力アップに効果がある成分には亜鉛マカシトルリンアルギニンなどがあります。またこれらの成分が配合された精力増強剤もおすすめ。

まとめ

加齢で勃起しにくくなるのは仕方がないとは言え、高齢になっても勃起力がある人がいるのも事実です。今回紹介したトレーニングを習慣に取り入れれば衰えた勃起力を回復させることも可能なはずです。すぐに効果が出るものではないので継続して行いましょう。