包茎を治すメリットとデメリット

まずは包茎のデメリットから説明します。

包茎は長時間、亀頭と包皮がくっついている状態が続くので、亀頭と包皮の間に恥垢と呼ばれる「カス」が溜まります。

恥垢が増えると汗とおしっこの匂いが混ざった何とも言えない異臭が漂います。それにより不衛生な環境なので菌が繁殖しやすく性病になる危険性もあります。

それに何といっても包茎は見た目も悪いし、同性にも異性にも馬鹿にされかねません。更に包茎であれば外部からの刺激に弱いので早漏の原因となる可能性もあります。

トラウマになるような経験が続けば性行為に対して臆病になり「性嫌悪」になってしまいかねません。

包茎を治すということはデメリットが全て解消することを意味するのでメリットしかありません。

包茎の種類

仮性包茎(かせいほうけい)

仮性包茎は日本人に最も多い包茎の種類になります。

その特徴は勃起時の亀頭はしっかり露出しているのに対して、通常時は亀頭全部が包皮に覆われてしまう、又は先端だけ亀頭が露出している状態となります。

勃起時でも亀頭が包皮に覆われているが、痛みなく手で剥ける場合も仮性包茎扱いとなります。仮性包茎の診断は勃起時の亀頭の露出具合で症状の重さを計ります。

嵌頓包茎(かんとんほうけい)

嵌頓包茎とは、亀頭全体を覆っている包皮の先端口(包皮輪)が狭いので、勃起時には無理やり亀頭が押し出される形となり亀頭が締め付けられ痛みを発する症状が出ます。

症状が重い方には、包皮の先端があまりに狭く勃起しても亀頭が出ないケースや無理やり手で包皮を剥くと元に戻らないケースもあります。そうなると亀頭が圧迫され鬱血状態となるので危険です。

真性包茎(しんせいほうけい)

真性包茎とはペニスが通常時でも勃起時でも亀頭全体が包皮に覆われており、全く露出されない状態になります。包茎の症状としては一番重いものとなります。

包茎を自力で治す方法

初めに断っておきますが、真性包茎を自力で治す方法はありません。ただし仮性包茎と嵌頓包茎なら望みはあります。

仮性包茎を自力で治す

仮性包茎の場合だと勃起時にはしっかり包皮が剥けている状態をキープ出来ているので、通常時に包皮が被るのを防げばいいわけです。

なので、通常時に自分で包皮を抜いて亀頭が露出した状態にし、包皮が亀頭の方に戻らないように常時固定してあげればいいのです。

固定するために手でずっと押さえておくことはできませんので、その際は絆創膏やサージカルテープなどの医療用テープを使ってください。

長時間貼っていてもかぶれにくい肌に優しい素材を用いているので包皮を抑えておくにはピッタリです。この方法は包皮輪を徐々に大きくする為のものなので、皮余りが原因とされる方には効果は薄いかも知れません。

嵌頓包茎を自力で治す

かなりの荒療治となるので自己責任でお願いします。

まずはお風呂に入る時に自力で包皮を剥き、亀頭が露出した状態にします。次に亀頭にお湯と冷水を交互に掛けて皮膚を鍛えていきます。

この治療は包皮輪を広げていく事と敏感になっている亀頭の皮膚を刺激に慣れさせる事を目的とした治療法です。

注意点は無理に包皮を剥くと包皮輪の狭さから亀頭下から元に戻らず亀頭の締め付けに耐えられなくなる場合があるという事です。

こうなると鬱血して非常に危ない状態なので、ポイントとして一気に亀頭下まで包皮を剥くのではなく、徐々に剥いて慣れさせながら行いましょう。

包茎矯正グッズ

根本的な考え方は自力で治す方法と同じですが、様々な包茎矯正グッズも販売されています。

包茎矯正リング

シリコンタイプのリングを亀頭下に装着して包皮輪を広げる、包皮に剥き癖を付けて包茎を治します。

自力で治す方法で紹介した医療用テープだと長時間使用していればどうしてもズレてきますし、かと言ってきつく締めると鬱血するので加減が難しいのが難点です。

それがシリコンリングなら自分のペニスサイズを選ぶことで鬱血することも無いし、ある程度伸び縮みするのでペニスの通常時、勃起時にも対応してくれるので便利です。

包茎矯正パンツ

包茎矯正パンツの元祖と言えば「ビガーパンツ」があまりにも有名です。現在は発売終了となり「バイオバイタル」という商品名に変更しています。

外見上は一般的なパンツと変わりませんが、パンツ内部にシリコンリングが内蔵され、亀頭が当たる部分に麻などの特殊生地が使われています。

簡単に言うと「包皮に剥き癖を付けながら亀頭を刺激に慣らさせるパンツ」と言ったところでしょうか。

包茎矯正接着剤

包皮を剥いた状態で亀頭と包皮を接着剤で付けてしまおうという発想の元開発されました

シリコンリングやバイオバイタルは他人に見られると恥ずかしい思いをしますが、接着タイプであれば外見上は全くわかりません。

ペニスを他人に見られることはあまりない事ですが、排尿中やSEX中に限れば考えられることなのでそんな時は重宝しますね。

包茎手術

包茎は最悪手術すれば治る事は理解していますが、なかなか手術に踏み切るにはそれなりに勇気が要りますよね。

なので、包茎手術に対する一番の疑問である「痛みと手術費用」について説明します。

包茎手術は痛いのか

切除する手術であれば当然術後の痛みはありますが、手術自体は痛みはありません。

なぜなら麻酔を施すからです。その麻酔もペニスに直接注射する麻酔だけではなく点滴タイプの麻酔や吸入麻酔も選択できるので安心です。

最近では切除しない包茎手術もあるので痛いのが苦手な方には朗報ですね。

包茎手術の費用

驚くことに真性包茎、嵌頓包茎の手術だと保険適用されます。子孫を増やすための性行為に重大な支障が出るという事でしょうね。保険適用なので手術しても20,000~30,000円の範囲で落ち着くようです。

仮性包茎になると保険適用外となるので手術費用は上がります。自由診療となるのでクリニックにより金額は前後しますが、大体100,000~300,000円が相場となります。

まとめ

包茎の種類と治療法を中心にお伝えしてきましたが、どのような感想をお持ちになったでしょうか?

個人的な意見を言わせてもらえれば、包茎に悩んでいる方は真っ先に手術した方が良いと思います。なぜなら包茎に悩んでいるくらいの人は重度な包茎に違いないからです。

あれこれ試さずに最初から手術を選べば費用もかさまなくて済むと思ったからです。

包茎手術もある程度は確立された治療法となっているので、悪い評判も聞かなくなっています。無料カウンセリング等を行っているところもあるので、悩んでいるくらいなら一度相談してみてはいかがでしょうか?