不意に勃起する原因と抑える方法、隠し方など。勃起の原因は性的興奮だけじゃない!

男性なら誰しも一度は不意に勃起してしまい、あたふたした経験はあるはずです。女性の中には、男性が勃起するのは興奮している時だけと誤解している人もいますが、男性が勃起する原因は様々です。勃起に関する知識を身につけて不意に起こる勃起にも慌てないようにしましょう。

勃起する目的とそのメカニズム

勃起する目的は言うまでもなく、生殖行為のためです。普段は柔らかく小さい状態で収納されているペニスが女性器に挿入するために硬く大きくなります。

勃起は心理的興奮や物理的刺激で、勃起をつかさどる神経の勃起中枢が刺激されて起こります。勃起中枢が刺激されるとペニスの陰茎海綿体に血液が流れ込み勃起状態となります。この時サイクリックGMP(グアノシン一リン酸)という物質が重要な役目を果たします。

サイクリックGMPが海綿体の血管を拡張させるので、スポンジ状の海綿体が大きく硬くなるのです。逆に勃起が終わるときはPDE(ホスホジエステラーゼ)5という酵素がサイクリックGMPを分解します。このサイクリックGMPとPDE(ホスホジエステラーゼ)5のバランスにより勃起は調節されているのです。

勃起の種類

反射性勃起と中枢性勃起

男性が勃起してしまう理由はいくつかありますが、まず反射性勃起中枢性勃起を紹介します。

反射性勃起はペニスや前立腺に物理的な刺激が与えられることで、直接勃起中枢が刺激されて起こります。中枢性勃起は大脳が性的興奮を感じると起こります。その興奮が勃起中枢に伝えられて勃起します。

刺激が要因なのが反射性勃起

ペニスに直接刺激を与えるマスターベーションはもちろん、マッサージでペニスや前立腺に刺激が与えられると反射性勃起は起こります。直接触れなくても振動でも起こるためマッサージで揺らされたり、また乗り物による振動でも起こります。

 

性的興奮が要因なのが中枢性勃起

大脳が性的興奮を覚えたときに勃起すると前述しました。視・聴・嗅・味・触の五感や想像でエッチな刺激を受けると勃起します。女性の裸を見たり、触ったり、髪の匂いなどで勃起します。男性として正常な働きであり、子孫を残すためになくてはならない反応ですね。

夜間陰茎勃起現象(朝勃ち)

あまり聞きおぼえがありませんが、この夜間陰茎勃起現象とはいわゆる朝勃ちのことです。朝勃ちは朝、目が覚めた時に一緒にペニスも大きくなっている状態のことですね。実はこの夜間陰茎勃起現象はなぜ起こるのかはまだはっきりとは解明されていないんです。

一説にはペニスのメンテナンスのためと言われています。朝勃ちと言われるように、この夜間陰茎勃起現象は朝、目覚めた時しか起こらないと思われがちですが、実は寝ている間に4,5回起こっています。睡眠中は浅い眠りであるレム睡眠と深い眠りであるノンレム睡眠を繰り返しています。

このレム睡眠時に夜間陰茎勃起現象は起こります。レム睡眠とノンレム睡眠は8時間程の睡眠で大体4,5回繰り返されるので夜間陰茎勃起現象も同じ回数繰り返されるのです。目覚める時は眠りの浅いレム睡眠の時が多いために朝勃ちとなるのです。

刺激や性的興奮以外に起こる勃起の原因

リラックス時

リラックスしている時は体の機能をコントロールする自律神経のうち副交感神経が優位になります。この状態になると血管が拡張されて海綿体に流れる血液も多くなるため勃起しやすくなります。

ご飯を食べた後に勃起する時があるのは満腹状態で副交感神経が働いているからです。またついウトウトしてしまった時もそうです。

普段の生活で不意に勃起してしまうのはこのようにリラックスしている時が多いと思います。逆に仕事や運動で活動的になっている時や緊張状態にある時は交感神経が優位になっています。

疲労時や空腹時

疲労時や空腹時はノルアドレナリン、アドレナリン、ドーパミンなど総称してカテコールアミンという興奮作用のある神経伝達物質が分泌されます。

これはよく、命の危険を感じて子孫を残そうとする本能が働くからと言われますね。血圧が上がり、海綿体にも血液が流れるために勃起します。

不意に勃起した時の抑える方法

不意に勃起してしまうのはリラックスして副交感神経が働いている時です。そのため交感神経を優位にすれば勃起は抑えられます。体を動かせば交感神経は働きますが、その場ですぐに勃起を抑えたい場合は、下半身に力を入れてください。

太ももやふくらはぎの筋肉にぎゅっと力を入れ30秒ほどキープすると血管が収縮して勃起がおさまります。他には息を30秒ほど止めるのも効果があります

勃起は体の状態によって起こりやすくなるので起きないように体調管理も大事です。寝不足や疲労時は勃起しやすくなると理解しましょう。また、満腹状態だと勃起しやすくなるので昼食を腹八文目に抑える工夫も有効です。

勃起した時の隠し方

勃起してしまい抑えることもできないという場合の応急処置の方法を紹介します。

・ベルトやパンツのゴムにペニスを挟む

勃起している時はペニスは上に向いているのでうまく挟んでごまかしましょう。

・ポケットから抑え込む

ズボンのポケットに手を入れて抑え込みましょう。またノートや書類で前を隠すのもアリです。

どうしようもない時はこの方法で隠しつつ、前述した抑え方で勃起を静めましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。男性が勃起する目的は生殖行為のためですが、様々な要因で勃起していることが分かったと思います。

勃起は生理現象なので、恥ずかしい思いをしてしまったとしても誰にでも起こることなので必要以上に悩まないようにしましょう。また不意に勃起してしまったら焦らず今回紹介した抑え方や隠し方を試してみてください。